ゲストに失礼がないようにするためにも知っておきたい情報3選!

結婚式に招待しる人には事前に伝えておこう!

結婚式にゲストを招待する場合、招待状を送りますよね。いきなり招待状を送っても特に問題ないのですが、中には「連絡もなく急に招待状を送って来るなんて!」と思う人もいるかもしれません。そうならない為にも、結婚が決まったら事前に「何月何日に結婚するのだけれどぜひ出席してほしい」という事を伝えておくと良いですよ。事前に伝えておくことである程度の参加人数も把握できますし、招待された人もその日は予定を入れずに空けておいてくれますよね。その為事前に結婚式に来てほしいという事を、伝えるようにしてくださいね。

スピーチや余興などを依頼する場合は早めに頼もう!

結婚式には乾杯の挨拶やスピーチ、余興や受付などゲストにお願いすることも多いですよね。ゲストにお願いする場合は、出来るだけ早い段階に依頼するようにするといいですよ。早い段階で依頼することでゲストもいろいろと準備することも出来ますし、万が一断られてしまった場合も、早い段階であれば別の人にお願いしやすいですよね。またお願いする時はメールなどでお願いするのではなく、出来れば直接会ってお願いすると誠意が伝わるのでいいですよ。

招待状はいつまでに送ればいいの?

結婚式が決まるとゲストに招待状を送りますよね。でもいつくらいの時期に招待状を送ればいいのか、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。招待状は結婚式の2カ月~3カ月前くらいに送る人が多いんですよ。なぜこの時期がいいのかというと、2~3カ月前であればゲストもある程度予定が決まってきているという事と、万が一返信はがきが中々帰ってこない場合でも、まだキャンセル料が発生するまで期間がある為、余裕を持って対応することが出来ますよね。その為2~3カ月前になったら、招待状を出すようにするといいですよ。

おしゃれな白金の結婚式場で、結婚式をあげてみたいと考えている人は、必見。結婚式場検索サイトを利用すると、結婚式をあげたいと考えている地域の結婚式場を検索することができます。