4つのスタイルから選ぶ!2人に最適な挙式

2人の希望にあった挙式スタイルを探そう!

「互いに愛し合い、永遠に愛しぬくことを誓いますか?」挙式というと、こんな誓いの言葉や指輪の交換、ウェディングキスなどのシーンが浮かびますね。しかし、挙式のスタイルには定番のキリスト教式以外にも、神前式、仏前式、人前式といろいろなスタイルが存在します。スタイル別に挙式の特徴や、そのスタイルの挙式に向いているカップルの傾向などをまとめてみましたので、挙式・結婚式場選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

愛を神に誓うキリスト教式と参列者に誓う人前式

まず、挙式スタイルの王道、キリスト教式から見ていきましょう。キリスト教式は教会などで、神父や牧師の導きにおいて式を執り行うスタイルです。キリスト教徒でなければ式を受け付けない教会もありますが、結婚式場やホテルなどでは信仰に関わらず、このスタイルの挙式をすることが可能です。「バージンロードを歩きたい」「フラワーシャワーをしてもらいたい」などの希望がある場合はこのスタイルが向いています。一方、ウェディングドレスでの挙式を希望しているが、もっとカジュアルな雰囲気の挙式を望んでいるカップルの場合には人前式がおすすめです。神に愛を誓うキリスト教式と違い、参列者に誓う型式ですので挙式の場所も選びません。プールサイドやガーデンで行うこともできるので、個性的な挙式をしたいカップルに適したスタイルです。

最近、注目されている2つの和婚スタイル

神前式と仏前式は今、注目されている和テイストの挙式スタイルです。神前式は神社や結婚式内の神殿で、仏前式は基本的に寺院で行われます。どちらも男性は羽織袴、女性は白無垢というスタイルが基本ですが、挙式を行う場所によっては文金高島田に色打掛や引き振袖などを着用できる場合もあります。日本人らしい挙式を挙げたいと思っているカップルや両親がこのスタイルを望んでいる場合に選択したいスタイルですが、仏前式の場合はそのお寺の檀家でなければならないなどの制約があります。この4つの挙式スタイルはそれぞれに特徴があり、選択の幅が広いほど迷ってしまうと思いますが、大事なのは2人の生活のスタートになる儀式だということです。自分たちが納得でき、また思い出になる挙式になるよう、しっかり話し合って選択したいものですね。

六本木の結婚式場は注目度が高いので挙式をするのであればこのようなエリアで式場を確保しましょう。そして大切な想いを相手に伝えてください。